人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BilinKids英語教室 bilinkids.exblog.jp

熊本市東区の、楽しくて画期的な英語指導法を誇る、素敵なこども英語教室です。


by bilinkids
友だち追加
「外国に住んでいたの?」と訊かれるほど!_b0253507_14583399.jpg
熊本市東区のBilinKids英語教室へようこそ


英検3級レベルの英文を

幼児・小1から導入!

インタラクティブな授業と


豊富な洋書の多読多聴で、

英語の根幹と4技能を育む、

Bilinkids(ばいりんきっず)
英語教室へようこそ。


子どもの自信と

自己肯定感を引き出し、

英語が分かる喜びを味わいます。

親と講師と二人三脚で、

子どもの可能性を
広げる教室です。



BilinKids英語教室では、
言語の壁をあまり意識しない
子ども時代に、
英文(概ね英検3級/中3レベル)を
遊びながら、聴いて・
真似して・口ずさみます。

一般的なカリキュラムである、
アルファベットややさしい単語から
教えていく方法とは異なり、
いきなり英語構文に触れ、
言葉そのものを習慣として学ぶ
「英語脳」を作ることを目的とします。

子どもたちは、5文型、過去・現在・未来・
完了形、疑問文などを、
ゲームの勝敗に夢中になりながら、
飽きることなく反復するうちに、
いつの間にか、
基本の「型」がしみ込みます。

この、「型」をたよりに、
自分の意見を表現したり、
初めて出会う文章を読解したり
英作したりすることで、
「自分で分かる」喜びを味わいます。


大切にしたいのは、
「生徒がすでに持っている、
推測力を基に、気づかせる
ということ。

自力で英語の構造や意味に気づくと、
心の奥まで腑に落ち、
一生、忘れることはありません。
その時味わった、
自己肯定感と自信に支えられ、
さらなる学習意欲をかき立て、
どんどん英語が大好きになっていきます。



☑小学校6年生で、

・中1~2レベルの英文を、
自力で読める
・自分の言いたいことを、
会話/英作文でおおよそ伝えることができる

☑18歳で、

海外の同年代と
英語で意見を交わす力と視点を培う

のが、
当教室での目標です。


目先のテスト攻略にとらわれないで、
語感の根っこと幹をじっくり育てる…
今日も、子どもが自力で
「あ!そうか!」
…ヒラメキという名の宝物を、
自分の中に見出すことを祈っています。


楽しみながら

英語がしみ込むその理由を、

ぜひあなたも体験してください。



↑成人向け個人オンラインコーチング開設

講師:坂本謡胡(Yoko Sakamoto)
メール:krys00610@ybb.ne.jp


LINE公式へお友達追加で、教室のレッスンや
イベントの様子をご覧いただけます。
お得な情報やクーポンも、
いち早くお届けします。

友だち追加

QRコードからもどうぞ↓


「外国に住んでいたの?」と訊かれるほど!_b0253507_10355994.png




More
# by bilinkids | 2024-12-12 13:33 | 当教室の特徴
突然ですが、質問です。
あなたは、お子さんに、
出来るだけ早く英検を受けさせたいですか?

こんな質問をしたのは、私自身が
次のような疑問を持ったからなのです。

そもそも、英検って、
5級からスタートしないといけないの?
小学校のうちに5級、できたら4級、と
ステップアップしないといけないの?

小学校や幼稚園のうちに受けさせるとなると、
やはり5級からが主流かと思います。
私だったら、
十分に力がついていて、ノー勉でも合格できそうなら、
受けてごらん、と声をかけますが、
そうでない子に挑戦を促したりしません。

(お断りしておきますが、早期受験を
否定しているのではありません。
適期であるか否かに焦点を当てて書いています)


適期でない子に英検合格のための勉強をさせるとなると、
毎日コツコツ、過去問やテキストを何周も解くという
膨大な時間を費やすことになります。
正誤による減点方式を幼い年齢から経験し、
英検という試験を攻略するための勉強と暗記を重ねます。
(※教室は真逆のアプローチ「何ができたか」にフォーカス。加点方式です)

この「未熟期受験」を続けてきた子にほぼ共通する、
マイナス影響があるのをご存知ですか?


英検至上主義?― 適期を待てますか ―_b0253507_14363238.png


英文の意味を日本語訳する回路
脳に作られてしまうのです。
例えば

Cathy Carter comes to school on foot.

なら、
「Cathy Carter=主語・誰が」、
「comes=来る」、
「to school=学校へ」、
「on foot=歩いて」、

と、意味を繋いで英文全体を理解しようとするクセが付き始めます。
ここまで極端ではないにせよ、
日訳回路が当たり前になるとものすごい時間のロスが生じ、
特に長文読解やリスニングになると
「時間が足りない」と苦労し、急ぐあまり誤答してしまう…
思い当たる人も多いのではないでしょうか。


充分に「英語を英語のまま理解する」回路ができていれば、
長文読解もリスニングも、楽だし受験自体を楽しめます。
(発音、会話力はいうまでもありません)

一方、
英文をいちいち日本語訳して解く癖がつくと、
英語回路を育て直すのに、
またまた、膨大な時間と訓練が必要になります。
でも、

お子さんがこの先出会う
英語のボリュームや難易度は増す一方ですから、
一刻も早くこの「英語脳」になることが
本人が楽になるだけでなく、
「実践的な英語」
そして
「成績のための英語」
をも身につける、唯一の方法です。



そもそも、英検に早期チャレンジさせたい理由は、なんでしょうか?

言語臨界期を逃したくない。
挑戦するマインドを育てたい。
合格したら自信になる。
メディアの影響。
周りの子が取得し始めた。
5級合格の弾みから次々取らせたくなった。

色々あるかと思います。
でも、
私がたくさんの子ども達を見てきて思うのは

「適期を見逃さない《子どもへのまなざし》」

これさえあれば、例えば
中2くらいになって
「初めての英検が3級」
という経験なども、大賛成です!

本人の中で英語の回路がじっくり育っていて
学校での学習ともシンクロして、
テスト英語にも慣れている年頃。

こんな英検との距離感、いいなぁと思います。
それまでに英検を受けないことが
何か不利をもたらしているでしょうか?

全く、思い浮かびません!

それまでとことん英語脳を育ててきたのですから、
この先、どんなに長文や、早いスピードのリスニングに出会っても
処理能力が十分に備わっています。
先に走り出した子達の後から、
たいした努力もしないで追いつき追い越すことができるのです。
(一般的に、早期英検を始めた子でも
高校までに準1級に手が届く子は稀。
一方、英語脳をしっかり育てれば準1取得は射程範囲内です)

また、
早い段階で「減点方式」のテスト英語を経験せず、
遊びを通じて加点方式で続けた英語は

「楽しい!」
「できる!分かる!」

その子の得意分野として、自信も実力も育っているはずです。


もし、お子さんに
「自信を付けさせたい」
というお気持ちで英検を検討させているのであれば、
どうぞ、
「適期」かどうかを見定めてください。


未熟期受験の合格の為に、何十時間も机で費やす前に・・・
減点方式で刷り込まれる「間違ってたら恥ずかしい」という意識から、
英語でしゃべることにしり込みするようになる前に・・・

人生で最初の十年ちょっとしかない、
キラキラした、
その子らしい時間を過ごせているか・・・
今、育てるべきものは何なのか・・・

花や実をどっさりつけさせたいのであれば、
支柱を立ててでもいいから、ひ弱な茎の先に早く咲けばいい、
というわけではないということ。

まずは、見えない、
「根っこ」
をじっくり育むこと。

根っこさえ、深く、たくましく育てば、
北風もへっちゃら。
支柱などなくても、
将来、見事な花を咲かせることでしょう。


(子どもへの言葉かけに役立つ
マザーズコーチングも開講しております。
ご興味のある方はご相談ください。)


# by bilinkids | 2023-10-27 14:36 | 講師YOKOのつぶやき
7月下旬に、今年の「全国学力テスト」の結果が公表され、
中学校の「英語」のスピーキングの平均正答率が12%でした。

具体的にはニュージーランドの留学生が
「日本ではプラスチック製の袋を店で売るのをやめるべきだ」
と発表したことに対して、自分の意見や理由を英語で伝えるという問題で、
正答率は4.2%とすべての設問の中で、最も低くなりました。

1分で考え30秒話す、というスピーチ。

あなたなら、日本語で、何と答えますか?


緑と茶色のプラスチックパック


普段から、時事問題や生活習慣についてニュースや新聞で
アンテナを張っていればいくらでも話せるでしょう。

ですが、一般的に、子ども達はそうした情報より、youtube・SNSで、
好きなものだけ見て過ごしている人が多い気がします。
ネットは、アルゴリズムでその人の嗜好を分析するので、
偏った情報だけが表示され続けます。
本を読む時間はどんどん減っているとも伝えられています。


¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

新学習指導要領(2020~2022年度にかけて改訂)を受け、
高校大学入試や英検®の出題傾向も変わりました。
「暗記」では太刀打ちできない
「世界・社会問題についてどう考えるか」「どう行動するか」
そんな問いが増えています。

そんなことも踏まえ、中高生クラスの月1回の
アメリカやイギリスの学校ツールを使用するレッスンで、
今年度からは、単に疑似留学気分を味わうだけではなく、
今世界で何が起きているのか、自分の生活との関係
などについて、英語で深掘りする時間にしています。

彼らに出す宿題も、英語という枠を超え、
そうした問題を「教養として」
自ら学び、考える時間を作るスタイルに変えています。
入試や英検®(準2級以上)対策になるのはもちろんですが、
なによりも

「世界の人と共通の問題について自分の考えを示し、共に解決するための力」

として、
そうした「自ら課題を見つけ学ぶ」姿勢が、今後我々に必要だからです。



「うちは塾に通っているから、大丈夫」

本当にそうでしょうか?

塾や教育機関が、まだまだ「暗記」詰め込み型から抜け出せていないことが、
今回の学力テストの結果として現れたのです。

いくら教育機関が「対話型AI」などで
スピーキング対策の提案をしても

「自分の中にないものは出せない」

のです。
普段から、ニュースや新聞で社会の流れを読む習慣をつける。
それなしでは、時事問題は日本語ですら話は続かないでしょう。


¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

保護者の働きかけがある子どもは、学力が高いという傾向があります。


¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

幸い、当教室の生徒さん達は、
おうちでも、親子でニュースについて話題にしたり、
図書館通いをしたりするご家庭が多いようです。

ですが、自分の生活がそれらに関係している
・・・「ジブンゴト」としてとらえる子は少ないように思います。



ジブンゴトとして考えるには、
自ら課題としてとらえる機会が必要です。




さあ、
「暗記するだけ」の教育に、そろそろ終止符を打ちませんか?


「自ら課題を見つけ学ぶ」

ことこそが、私達が、賢く、人間らしく、
そして世界と「心」と「視点」がつながるために
必要なスキルなのだと、実感する今日この頃なのです。


英語を学ぶことは、意識を世界につなぐこと



おうちでも、アンテナを張って
「何が起きてる」「なぜ」「どうすれば」
親子で意見交換の時間をさらに増やして
楽しんではいかがでしょうか?


きっと、この先の人生が、
もっと自由で面白くなる気がしませんか?





# by bilinkids | 2023-08-10 19:11 | 講師YOKOのつぶやき
体験会ご参加ありがとうございました_b0253507_16445202.png
体験会ご参加ありがとうございました_b0253507_16434817.png
体験会ご参加ありがとうございました_b0253507_16435474.png


こんにちは!
BilinKids英語教室です。
3/12(日)に、幼児クラスと
小学1~3年生対象の体験会を実施しました。
幼児さんは、体験後ご入会は待機順にという、
何とも申し訳ない状況にもかかわらず、
満席でのご参加をありがとうございました。

小学生の回は、ご参加いただいた3組の皆さん、
即日「入会申込み!」をいただきました。
本当にありがとうございます。
「『これは話せるようになるわ』と思った」
「4か所体験して回ったけど、ついに納得いく教室に出会いました!」
「だれにも教えたくない!」←そう言わず~103.png

うれしいご感想もいただき、
本当にありがたいです。
もっと頑張らなきゃ!って、
背筋が伸びる思いです。

夢と可能性に溢れた子ども達を
二人三脚で世界へ送り出しましょう!

# by bilinkids | 2023-03-13 16:45 | お知らせ

幼児・低学年クラス募集

幼児・低学年クラス募集_b0253507_14312288.png
幼児・低学年クラス募集_b0253507_14313274.png

【低学年若干名募集します】

こんにちは!
BilinKids英語教室です。

新年度に各クラス生が進級するのを受け、
満席だった幼児・低学年クラスに
若干、受け入れ枠ができました☆彡

そこで、幼児・低学年を中心に
レッスンの体験会を開きます。
(幼児クラスは、おかげさまで
半日で満席となりました。)

対象年齢のお子さんは、この機会に
実際に指導内容や雰囲気を体験してください。

おかげさまで、
なかなか欠員が出ないため、
実際の教室での体験対応すら、
ままならない状況です。

この機会をお見逃しなく☆彡
お問合せお申込み、お待ちしてます!
公式LINEからお友達追加後、
個別メッセージにて対応しています。

# by bilinkids | 2023-03-02 14:38 | お知らせ